マナーや対応の方法

葬儀の知らせを聞いた時の対応

人生において葬儀は、絶対に避けられないことです。ですが、若い方の中には参列するときのマナーをよく知らない方も多いです。そこで、ここでは葬儀に弔問する際のマナーについてお教えします。まず訃報を受けたら、故人の親族の場合は急いで遺族のもとに駆けつけなければいけません。遺族の自宅に行ったら、最初に玄関先でお悔やみを述べます。そして、後日の通夜に弔問することを伝える決まりです。この時は、普段着でも大丈夫で香典も不要です。 また、近所の方の正しい対応は、すぐに故人の自宅を弔問してお悔やみを述べます。この時に、葬儀の準備などの手伝いを申し出る決まりとなります。また、友人、知人などの場合、電話などでお悔やみを述べれば大丈夫です。

葬式に出席する時のマナー

お悔やみを申したら、今度は葬儀に出るための準備をします。まず、最初に行うのが、香典の準備です。通夜か葬式の時に渡すことになりますが、両方に参列する場合は通夜に渡すことが決まりです。 その他にも、遺影に備える供花・供物の準備もします。供花は、霊前の置き場所や並べる順番に決まりがあります。また、宗教、地域による違いもあるので、必ずあらかじめ遺族に贈る旨を伝える必要があります。 その後、葬儀に出席する際の喪服の準備を行います。男性は、ブラックスーツ、ワイシャツは白無地、ネクタイ、靴下は黒無地が基本です。一方、女性はワンピース、ツーピースなどの黒のフォーマルウェアです。その他、化粧は薄めにしてアクセサリーも控えめにすることが大事です。