利用時にかかる費用

サービス利用時にかかる費用について

遺品整理サービスの料金は、片付ける部屋の広さに応じて決められるようになっているのが一般的です。もちろん、尋常ではない量の荷物が室内に置かれているような場合には料金が変わってくることになりますが、よほどのことがない限り、部屋の広さに応じた料金を支払えば遺品整理を行ってもらうことができます。たとえば1Kの部屋の遺品整理を行う場合であれば、概ね5万円前後が価格相場になります。その料金の中に不用品回収費用や処分費用も全て含まれていますので、安心して任せることができます。ただし、家電リサイクル法の適用を受ける家電製品が遺品の中に含まれている場合には、別途その処分費用が必要になります。とはいえ、自分自身で家電量販店に不用品を持ち込んだ場合でも必ずかかる費用ですから、特に損をするわけではありません。

細々とした作業を全部まとめて頼むことができます

ほとんどの遺品整理業者は、基本サービス以外に様々なオプションサービスを提供しています。先ほど述べた家電リサイクル法に基づく家電製品の処分などがよい例ですが、それ以外にも、個人情報が書かれている書類の溶解処分やエアコンの取り外し、祭祀具の供養、室内の掃除、害虫駆除など、様々な作業を全部まとめて頼めるようになっています。作業内容に応じて個別の業者を呼ぶということになると、かなり大きな負担になります。業者が来るたびに作業に立ち会わなくてはなりませんので、仕事を持っている人の場合は難儀してしまいます。また、当然のことながら費用も余計にかかってしまうことになります。でも、遺品整理業者を利用すれば、遺品整理に絡む細々とした作業を全部まとめて頼むことができるので、負担を最小限に抑えることができます。

無料のサービス

遺品整理は、素人が行なうとすごく時間がかかってしまいます。最近は遺品整理業者の数も増えてきているので、時間や労力を惜しむという方は、専門の業者に依頼するようにしましょう。

Read More

業者の対応

遺品整理を専門としている業者の多くは、片付け業者だとされています。全国に多く業者存在しますが、サービス内容や料金は業者によって大きく変わってきます。業者に依頼するときは、大前提として信頼のおける業者に依頼するようにしましょう。

Read More

マナーや対応の方法

葬儀に参加する時は、最低限のマナーを身につけておくようにしましょう。これは、葬儀を開く側の人間も同じことが言えます。参列者に失礼のないように、最低限の知識や対応を学んでおきましょう。

Read More